法人か個人のどちらの車売却者が多いかは地域により異なる

法人か個人のどちらの車売却者が多いかは地域により異なる

車売却の依頼をしている人々は、大きく分けると2つあります。法人の人々か、個人です。法人ならば社用車を売却しているでしょうし、トラックなどを売却している法人も多々あります。個人の場合は状況は多彩ですが、一般車やスポーツカーなどを売却している事も多いでしょう。

 

ところでその2つの人々は、地域と大きな関係があります。法人の売却者の割合が多い地域もあれば、その逆の地域もあるのです。いわゆるトラック買取の業者が多い地域などは、前者になるでしょう。

 

では具体的にはどのような地域があるかというと、その1つは大阪です。あの地域は、法人の売却者が非常に多いと思います。

 

大阪地域は、なぜかトラックを売却している人々が多いですね。現にある大手のトラック買取の業者は、大阪に本社を構えているのですが。その業者だけでなく、大阪は本当にトラック買取の業者が多いと思います。つまり大阪地域は、社用車を売却している人々の人数が多いという訳ですね。

 

ところが横浜地域などになると、ちょっとまた事情は異なるようです。神奈川のあの地域の場合は、むしろ個人の方が多いというイメージがあります。なぜならあの地域では、スポーツカーや輸入車の買取業者が非常に多いのです。スーパーカーの買取を行っている業者も多いですね。あの地域にもトラック買取の業者はありますが、大阪ほど多くありません。

 

そしてスポーツカーや輸入車は、主に個人の方々が利用している事が多いと思います。法人というより、むしろ個人が自分のために用いている事が多い車種だからです。逆にトラックは、法人が利用している事が多い車種ですが。
このように売却者に法人と個人のどちらが多いかは、地域との関連性が非常に大きいと思いますね。